Kitaro of 河村喜平 喜中窯

工芸運動と喜太郎

祖父・河村喜太郎は、京焼の本流ともいわれる粟田焼の名工・卯三郎の二男として明治32年に京都で生まれました。
 京都蹴上のインクライン上部にあるレリーフは、卯三郎が制作したもの。現在でも見ることが出来ます。

 喜太郎は大正元年(1912年)、京都市陶磁器試験場付属伝習所に入所。
 大正6年頃、長兄の河村蜻山(かわむらせいざん)が稲荷に築いた窯で制作を始めました。
 大正9年には、伝習所の友人であった楠部彌弌、河合榮之助、八木一草、荒谷芳景、道林俊正と、宣言と規約を持つ革新的な工芸運動を行った「赤土」を結成。伝統や因襲にとらわれていた当時の陶芸界に対しての挑戦であったと伝えられています。喜太郎が草稿した宣言の一文からも、白樺運動華やかなる時代の気運にも影響されていたと思われます。

京都市陶磁器試験場付属伝習所にて

赤土同人とともに

赤土結成のころ

 喜太郎は大正元年(1912年)、京都市陶磁器試験場付属伝習所に入所。大正6年頃、長兄の蜻山が稲荷に窯を築いたのでそこで制作を始めました。
 大正9年には伝習所の友人であった楠部彌弌、河合榮之助、八木一草、荒谷芳景、道林俊正と、宣言と規約を持つ革新的な運動であった「赤土」を結成。赤土は伝統や因襲にとらわれていた当時の陶芸界に対しての挑戦だったようです。下に喜太郎が草稿した宣言の一文を掲載しますが、白樺運動華やかなる時代の気運にも影響されていたと思われます。


赤土宣言草稿

「忘我の眠りより覚めず、因襲的なる様式に拘泥せる陶工を謳歌し賛美するは、吾々の生涯として余りに悲惨なり。茲に赤土同人は、自然の美の深奥を各自の愛を以って探求し、永遠に滅びざる美を陶器なる芸術に依って表現せんとする巳む能はざるは真意の発動に神秘なる光を求めて生まれたるなり」

規約
一、赤土同人の陶器作品は毎年二回発表す
一、同人推選は全同人の賛意に依る


 またこの年、直江と結婚。大正11年には、勉学のため東京神田小川町に移ったのですが、関東大震災に遭い、止む無く帰郷。この頃から京都を離れ、活躍の場を東京に持ちたいと考え、語学やデッサンなど陶芸以外にも力を注いでいたようです。

昭和初期


昭和2年、第8回帝展に入選。昭和10年には京都五條坂に窯を築きます。同年、用即美を唱えて結成された実在工芸美術会に同人として参加しました。

昭和前期。戦後、活躍した陶芸家、漆藝、染色の若手作家たち。右手前が喜太郎

中国への研究旅行と戦争

 昭和10年、かねてより念願であった韓国、中国への陶芸研究の旅に出ます。留守宅には生活費一切も残さず、たまに送ってくるものは陶片ばかり。しかしこの旅が、喜太郎独特の染付を確立する大きなきっかけになりました。それは従来の写しものと違い、梅・竹・菊・蘭の四君子、柘榴・牡丹などを文様化したものや、日本古来の紋様をたくみに取り入れた斬新なデザインでした。同時に色絵を手がけ、染付と相まった独自の作風をつくりだしました。

 第二次世界大戦。軍属として広島で陶器の水筒を制作。自分の作陶ができない日々が続き、終戦を迎えまます。戦争が終わり、制作を再開するも、当時、陶器は贅沢品であったため物品税が高く、陶芸家には厳しい時代であったようです。

 文展、日展等審査員。

京都から愛知県猿投地方へ、そして磁器から陶器へ

 昭和25年愛知県猿投地方に窯を移し「さなげ陶房」を開きます。

    さなげ陶房についてはこちらをご参照ください ⇒ Real_col_Help.png

この頃から、喜太郎の思考の源流に縄文土器がありました。京都時代の磁器中心から一変して、土くさい土器を感じさせる作風が生まれたのはこの頃です。

鎌倉 其中窯

 昭和36年、喜太郎は、鎌倉の北大路魯山人陶房跡に其中窯を築きました。自分の仕事を理解してくださる方々に、展覧会ではない日常の中で作品を見ていただきたいと、住まいと地続きの魯山人旧居の書院、茶室、御堂などに壷、水指、茶わんなどを展示。食器類は膳に配し陳列していました。

祖父・喜太郎から学んだこと


私が平戸橋に移るにあたり、空家になっていた古い家屋と工房を整理していた時、当時、祖父が残したメモや釉薬などが多数出てきました。
 本多静雄氏や仲間と釉薬や土などの情報をやり取りした手紙、料理好きだった祖父を偲ばせる記事や手記、新聞の切り抜き、何かのおまけのおもちゃ類などなど……作品とともに祖父を感じさせるたくさんのものたち。それらの整理は言い尽くせぬほど大変なものでしたが、その数々が、今の私の制作に少なからずの影響を与えているのも確かです。
 その時に出てきた作品15000点余は豊田市民芸館に所蔵され、展示されています。あの気の遠くなるような発掘(!)作業をお手伝い下さった民芸館の皆様には心より感謝しております。本当にありがとうございました。

豊田市民芸館についてはこちらをご参照ください ⇒ Real_col_Help.png


 喜太郎は亡くなる前年の昭和40年「やきものをつくる」(美術出版社)を執筆しました。現在でも入手可能なロングセラーです。釉薬の調合など、本来は陶芸家が門外不出とするような釉薬の調合に関する詳細な記述まであるプロフェッショナルな本なのですが、若き日に「赤土」で宣言した祖父らしい試みが、この本の中でも見られます。
 それは、出版当時「数寄者のためのもの」という傾向にあった焼きものを、もっと多くの人々のものにしたいという思い。焼きものを身近なものにすることで、人間らしい楽しみをもっと感じて欲しいと祖父は願っていたようです。
 人間のプリミティブな記憶にある土への郷愁が、人々を童心にたち還らせることができたら……土をいじりながらこんなことを思います。それは祖父の活動が私に教えてくれたものなのかもしれません。

やきものをつくる(美術出版社1965/01) 河村熹太郎著
ISBN-10: 4568320038
ISBN-13: 978-4568320039
2.940円